新潟県上越市三和区 指定障害福祉サービス事業

やまびこ会について

  • HOME »
  • やまびこ会について
Pocket

ご挨拶

令和元年度社会福祉施設等施設整備費補助金の交付を受け、この令和2年4月1日に、やまびこ会の新施設が完成いたしました。平成26年に新築のグループホームが開所しましてから、6年目、開所の運びとなりました。多くの方々のご協力、ご理解、ご支援のもと、関係者皆様の願いが実現しました。心より感謝申し上げます。

サービスも、今までの就労継続支援B型に加え、生活介護・ショートステイ・相談支援事業と、皆様が待ち望んでいたサービスと利用場所を大きく広げることができました。

コロナ事情の中、ソーシャルディスタンスを保ちながら、作業の継続が出来ている事が夢のようです。施設周りの畑もお借りしながら、枝豆植え付け、収穫販売と、農業作業から、自主製品としての売り出しと、仕事の幅も、広がりつつあります。これからは、事業所の1年・3年・5年・10年・20年先と短いスパン、将来的な長いスパンと目標を定め、サービスの質を高め、利用者の豊かな人生が保証されるよう、支援者のバトンを先輩から後輩へと繋ぎ、時代の変化に対応しながら、安定して利用できる施設を、職員とともに目指す考えです。

 

社会福祉法人やまびこ会 やまびこ
施設長  荒梅 日出代

やまびこ会 理念

~健常者、障がい者、共に生きる社会を目指す~

基本方針

  1. 利用者が喜んで通所出来る施設
  2. 自分の親・兄弟・子供を利用させたい施設

基本運営

障害のため就労が困難な人に就労の場の提供、生活の自立と安定、そして社会参加を目的に個人の尊厳を基本とした作業活動並びに社会支援等のサービスを提供する。

社会福祉法人やまびこ会の沿革

やまびこ

  • 平成 8年 4月1日 三和村ジュニア創作館で開所(利用者一人からスタート)
  • 平成 9年 4月1日 運営委員会に三和村から運営委託される。
  • 平成10年 4月1日 保護者から指導員へバトンタッチ
  • 平成11年 4月1日 心身障害者通所援護事業補助を受ける。
  • 平成13年 4月1日 運営委員会から社会福祉協議会に業務が村から委託される。
  • 平成16年10月1日 社会福祉法人設立許可を受ける。
    .           身体障害者小規模通所授産施設やまびこ
  • 平成22年 4月1日 障害福祉サービス事業開始

みやま工房

  • 平成16年11月1日 社会福祉法人やまびこ会運営開始
    .           公益事業 みやま工房
    .           心身障害者通所援護事業補助を受ける。
  • 平成17年 4月1日 知的障害者通所援護事業助成を受ける。(育成会、国庫)
  • 平成19年 4月1日 心身障害者通所援護事業補助を受ける。
    .           みやま工房 地域活動センターに移行。
  • 平成22年 4月1日 障害福祉サービス事業開始

くびきふれあい

  • 平成12年 4月1日 頸城村社会福祉協議会が小規模作業所を
    .           頸城ふれあいセンターで開所
  • 平成13年 4月1日 頸城村(現頸城区)から業務委託を受ける
  • 平成15年 4月1日 心身障害者通所援護事業補助を受ける
  • 平成22年 4月1日 社会福祉法人やまびこ会と合併
    .           障害福祉サービス事業開始

三和オリーブ

  • 平成26年 4月1日 開設

お問い合わせ(やまびこ) TEL 025-532-4332 受付時間 8:30 - 17:15 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人やまびこ会 All Rights Reserved.